起業家・経営者のための失敗しない仮想通貨取引所ランキング2018

どーも、斉藤です。

仮想通貨(暗号通貨)って価値が浮き沈みしているので、リアルビジネスとしては使えないお金と斉藤はとらえていました。

もちろん、遊びとしての投機(デイトレみたいなもの)やICO(ビジネスモデルとしての投資)であれば面白いですが、毎日乱降下の激しいビットコインとかではビジネスなんてとてもじゃないけれどできないよー!っていう経営者の方も多いかと思います。

だって、昨日の売り上げが10万円だったとして、今日あけてみたら5万円の価値しかなかったら…ビジネスとして成立しないですよね?

利益が半分ではないんです。原価が3万円だったら、

10万(売り上げ)ー3万(原価)=7万円(利益)

5万(売り上げ)ー3万(原価)=2万円(利益)

単純に利益も半分ってわけにはいきません!!利益が半分以下になってしまうわけです!!

こんな浮き沈みの価値のない仮想通貨でなんて、ビジネスできねーよ!って私だけではなく経営者・起業家の方は考えているはずです。

ただし、そんなブーブー言っている場合じゃなくなってきました。

先日、報酬が仮想通貨で支払われたのです。

そうなんですよね、仮想通貨で取引なんてしないよ!って強く言ったところで、自分よりも強い立場の取引先が仮想通貨で支払われたら、従うしかないんです(涙)

そこで大切なことが、仮想通貨を入金してもらうウォレット(預金口座みたいなもの)を持っていますか?ということです。

私の場合は数年前から遊びとしての投資をしていたのでいくつか持っていましたが、一般の人はおそらく持っていないのではないのかなと。

というわけで、今回、私が実際に使ってみて良かった仮想通貨取引所の中から選りすぐりをご紹介したいと思います。

この記事が役に立つだろうなと思われる方
・これから仮想通貨投資をしてみようと思っている方
・仮想通貨が何だかよくわからないけれど、とりあえず失敗したくない方
・取引先が仮想通貨決済を始めた!
・部下が仮想通貨の話をしているので話についていきたい

まぁ、乱降下する仮想通貨ですが、この流れはもう止められないのかなと思います。

流れが止められないのであれば、サーファーみたいにその流れに乗って楽しむことが大事ですね。

取引所と販売所は違う

そもそも仮想通貨取引所って何?って方もいらっしゃるかと思います。私も最初はそうでした。なんだかチンプンカンプンで。

簡単に言ってしまうと、仮想通貨を「買いたい人」と「売りたい人」とをマッチングする仲介サービスが取引所。

取引所が大量保有している仮想通貨を買えるのが販売所です。

基本的に取引所で購入する方が割安だと思ってください。

ただし、販売所の場合はスピーディーに取引ができるので楽チンですが、やっぱり安く仕入れた方が良いので、基本的には取引所での購入をオススメします。

ビットフライヤーZaifとかの有名な取引所は、アカウント開設をすると「取引所」と「販売所」があります。

アカウントの開設にはFacebook認証などで30秒もあればできます。(Facebookをやっていなくてもすぐに開設できるのでご安心ください。)

ホットウォレットとコールドウォレットとは何か?

取引所に講座を開設すると、ウォレットをもらうことができるのですが、ウォレットには大きく2種類あります。

ひとつはホットウォレットというもので、オンラインのウォレットになります。口座開設をするともらえるのがコチラです。

ただし、これは先日のCoincheck(コインチェック)のNEM流失といったハッキングされる可能性もあります。

ですので、ほとんどの大手取引所では資金の多くをコールドウォレット(オフライン)に保管していたりします。

コインチェックの場合はかなりずさんな管理だったようで、金融庁から指導が入ったわけです。

それにしても、460億円近い補償ができて良かったです。

ちょっと話がずれてしまったのですが、この記事を読まれている方はそこまで大量に仮想通貨を保有していないと思うので、基本的には取引所内にあるホットウォレット(オンライン)で良いかなと思います。

しかし、投資と同じで、1か所の取引所のウォレットにだけ集中させておくことは危険なので、必ず分散させましょうね。

私の友人はコインチェックにのみ入れていたため、取引停止中は何にもできずヒヤヒヤな状態でした。

このへんは銀行口座と同じ考えで良いと思います。

 

また、大量に仮想通貨を保有している方は、コールドウォレット(オフライン)に切り替えていきましょう。

ただし、コチラも完全に安全というわけではなく、普通の財布と同じで無くしてしまえば、おしまいなので注意してください。

コールドウォレットに関しては文末でお話します。

仮想通貨の送金で気を付けること

本当にココが一番注意して欲しいところですが、仮想通貨の送金・入金には十分に注意しましょう。

入金用のアドレスがあるのですが、本当に暗号なので手書きだと十中八九間違えます。

コレ間違えて送ってもらったら、入金できずに、仮想通貨は消滅します。

また、違う仮想通貨どうしで送金・入金しても消滅してしまいます。

だから、なるべく仮想通貨を送金したりするときはビットコインとかに変えて、送金するようにした方が良いです。

失敗しないオススメの仮想通貨取引所

さてさて、ココまで超初心者向けに仮想通貨のお話をしてきました。

超初心者向けなので、結構はしょっていたりしているのですが、何はともあれ取引所の開設をしなければ始まりません。

ただし、ここで取引所の選択をミスってしまうと、先日のコインチェックのようなことになるのでご注意ください。

私もコインチェックは登録はしていたのですが、取引手数料が高いということと、母体が小さいということから使っていなかったので難を逃れています。

経営者の目線からすれば、やはり安心・安全な取引所の開設が重要になってきます。

ということで今回は、私がオススメしている取引所は母体が大きいところ(資本金が大きい・株主が信用あるところ)を選んでいます。

先にもお話した通り、1か所だけ開設だとリスクが高いので、分散投資と同じで数か所登録をしてリスクヘッジしていきましょう。

まぁ、面倒な人はとりあえずビットフライヤーに登録をしておけば問題ないです。

本当に30秒程度で開設できるので、あっという間に出来ますが、入金などをした際は必ず2段階認証をするようにしてください。

安心・人気仮想通貨取引所の徹底比較(2018年3月最新版)

第1位 bitFlyerビットフライヤー

公式URL: https://bitflyer.jp

株式会社bitFlyer

取り扱い通貨6種類

現物取引手数料 0.01%~0.15%

<<ビットフライヤーの特徴>>

■ビットコイン取引量日本一!2014年4月に日本初の仮想通貨取引所としてサービスをスタートした国内最大手の取引所です。

■株主には金融系をはじめとした大企業がそろっており、資本金は41億238万円と他社を圧倒しており、安心して利用できる体制が整っています。

■投資家保護のためのセキュリティにも注力をしており、国内大手の損害保険会社と契約をしており、不正アクセスに対する補償上限は最大500万円。

■会社として暗号通貨の普及に努めており、初心者でも簡単に売買ができるようにサイトが設計されています。

■豊富な資金源を使って、ログインするだけでビットコインがプレゼントされるキャンペーンが不定期に行われています。

<<ビットフライヤーの取り扱い通貨>>

ビットコイン・イーサリアム・イーサリアムクラシック・ライトコイン・ビットコインキャッシュ・モナコイン

<<こんな方にオススメです>>

■仮想通貨初心者の方で、学びながら取引をしていきたいとお考えの方。

■取引所の破たんなどを懸念しており、安心感のある大きな取引所を選びたい方。

■短期売買ではなく、中長期での投資をお考えの方。

<<管理人がお勧めする理由>>

アカウント開設に関しては、Facebookと連携すれば即刻登録ができ、気軽に登録ができますし、取引所としての歴史、大手ならではの安心感はNo.1。

また、その他の特徴として、ビットコインをもらうといったサービスがあります。公式ページの下の方にあります。まだ行っているサービスだと思いますが、念のためご確認ください。

 

>>bitFlyer公式ページはこちら

第2位 zaif(ザイフ)

公式URL: https://zaif.jp/

テックビューロ株式会社

取り扱い通貨5種類 トークン各種あり

現物取引手数料 -0.01%

<<zaifザイフの特徴>>

■zaif(ザイフ)の特徴は他では扱っていない「トークン(爆上げする可能性のある仮想通貨)」などがある事です。昨年話題になった国内ICOのコムサなどもzaifで取引することができます。今後もかなりの国内ICOがある場合が考えられるので、今の内の登録をしておいた方が良いです。

■現物の手数料がマイナス0.01%と手数料が低めです。特にネム・モナコインは安く売買できます。

■「zaifコイン積み立て」というサービスがあり、毎月自動積み立てで仮想通貨を購入することができ、右肩上がりの市場ではトレードの苦手な方にお勧めです。毎月1000円~可能です。

<<zaifザイフ取り扱い通貨>>

■ビットコイン・イーサリアム・ネム・モナコイン・ビットコインキャッシュ その他各種トークンを取り扱っています。

<<こんな方にオススメです>>

■比較的短期での売買をする方。ネム・モナコインをトレードする方。

■トークンを購入したい方。

■毎月自動で積み立て購入をしたい方。(ドルコスト平均法)右肩上がりの市場では積み立ての投資が最強に稼げます。

>>zaif公式ページはこちら

第3位 GMOコイン

 

公式URL: https://coin.z.com/jp/index.html

GMOコイン株式会社

取り扱い通貨5種類

現物取引手数料 無料

<<GMOコインの特徴>>

■FXなどネット上で金融系のサービスを多く展開しているGMOグループなので、スマホアプリもサクサク使えると好評です。また即時入金・出勤手数料も無料!!

■GMOコインは仮想通貨の「取引所」ではなく「販売書」です。売買は販売所であるGMOコイン自体と行うため、提示価格で即購入ができます。

■仮想通貨FXで「レバレッジ5倍まで」「追証なし」なのも魅力です。また各種アルトコインでのFXも準備中です。

<<GMOコインの取り扱い通貨>>

ビットコイン・イーサリアム・ビットコインキャッシュ・ライトコイン・リップル

<<こんな方にお勧めです>>

■仮想通貨FXで信用取引をしたい方

■取引所ではなく販売所で仮想通貨の売買を行いたい方

>>GMOコイン公式申し込みページに進む

仮想通貨売買初心者の方へ、ココだけは押さえておきましょう!!

ビットコインの1年での値上がり幅がスゴイです。正にバブル状態となっており、僕の周りでも億越え、5億越えの方が続出している状態です。

最も有名な仮想通貨である「ビットコイン」が時価総額2,406億ドルと断トツの1位。そのあとに「イーサリアム」「リップル」「ビットコインキャッシュ」が続いています。そして、これら主要仮想通貨は全て「ビットフライヤー」で売買が可能です。

そしてこれから経営者の方に起こるであろう問題が、それらの仮想通貨での支払いです。

それらの主軸となる仮想通貨での支払いに対応できるように備えておく必要があるわけです。

 

 コインチェックハッキングでわかるコールドウオレットの重要性

おそらく、そこまでの大量保有者はこの記事を読んでいないと思いますが、これから大量保有者・億り人になる可能性もあるので、もし大量に仮想通貨を保有した場合は、ハッキングの被害にあわないようにオンラインのホットウォレットからオフラインのコールドウォレットに分散させるようにしましょう。

>>Ledger Nano S (レジャー・ナノS)ビットコイン&イーサリアムハードウェアウォレット【正規品】

これはAmazonで販売しているコールドウォレットになります。

他にもありますが、とりあえずLedgerが無難かなと思います。

参考までに。

関連記事

  1. DRMマーケティングでゼロから40億を稼いだ酔っぱらいのジジィ

  2. 小山竜央主催の人気セミナー講師養成講座に行ってきた結果

  3. 電気もろくに通っていないアフリカで流通しているものとは?

  4. 【動画あり】仮想通貨とは何なのか?仕組みや稼ぎ方をわかりやすく解説

  5. 独立・起業をしてはいけない5つの嘘

  6. ジョイントベンチャーのメリットとデメリットを学んできた

  7. コレでバレない?仮想通貨の税金計算方法について

  8. 情報商材の作り方を覚えて100億以上稼いだエベン・ペーガンで気を付ける…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


ビジネスオーナーになるために