TMCトレンドマーケティングクラブ(バナナデスク)は詐欺なのか?

インターネットビジネス(アフィリエイト)を極めようと思い、バナナデスクさん主催のTMCトレンドマーケティングクラブに所属をしています。

バナナデスクさんという名前を出すとすごく怪しいですよね?こちらはもちろんハンドルネームです。ハンドルネームはアフィリエイトやインターネットビジネスをするときにはよく使われています。ニックネームだと思ってもらえれば・・・。

バナナデスク岡田崇司という男はどういう人なのか?

ws000002

まぁこんな感じのゆるい雰囲気の方なので、やっぱり写真を見る限り怪しく思えてしまいますが、TMCの懇親会やバナナデスクさんのフェアレディZに乗せてもらいわかったことは、とんでもないビジネスセンスをお持ちの方だということ。

アフィリエイトを始めとしたインターネットビジネスで年商5億以上、フェアレディZ以外にも車は全部で6台ぐらい。先日、ポルシェの新作を買われたそうです。元々レーサー志望だったそうで、車が趣味なのだそうです。とはいえ、6台もいらないでしょとツッコミを入れたくなります。

株式会社moveの代表取締役にして、その他にもいくつも会社を経営されており(その全てが無借金経営)、車を6台所有する経済力を持つことができるのも、アフィリエイトというリスクゼロでできる、インターネットビジネスを始めたからこそです。

僕がスモールビジネスとしてアフィリエイトをお勧めするのも、元手がかからず、一度稼げるようになれば倍々ゲームで稼ぐことができるからです。また、PCとインターネット環境さえ整えば、どこでも稼ぐことができるのも魅力のひとつですね。仕組化ができてしまえば、本当にほったらかしで稼ぐ事も可能です。

インターネットビジネスは必ずしなければならないという事はないですが、スモールビジネスで大きく稼ぐためにはIT知識は必須と言ってもいいです。とは言っても、難しいプログラミングを覚える必要は全くなく、ある程度の基本形を覚えてしまえば、あとはコピペレベルで稼ぐ事も可能です。

難しい部分や苦手な部分は外注化すればいいですし、文系出身の僕でもなんとかなっているので心配はないと思います(笑)

TMCトレンドマーケティングクラブはどういう内容か?

marketing

アフィリエイトとひとことで言っても、多くのジャンルがあります。ブログアフィリエイト、サイトアフィリエイト、YouTubeアフィリエイト、PPCアフィリエイト、Twitterアフィリエイト、DRM・・・。細かく分ければまだまだあります。

TMCトレンドマーケクラブの主催者のバナナデスクさんは、数多くあるアフィリエイトのジャンルの中でも、トレンドアフィリエイトという手法を得意とされており、TMCトレンドマーケティングクラブはトレンドアフィリエイトブログ、トレンドアフィリエイトYouTube、DRM(ダイレクトレスポンスマーケティング)を総合的に教えてくれるコミュニティになっています。

トレンドアフィリエイトとはいったい何か?

トレンドアフィリエイトというのは時代のトレンドのキーワードを使い、ユーザーに需要のある情報を届ける事でブログを上位表示させ、そこに貼り付けた広告をクリックしてもらいお金を得る手法です。

バナナデスクさんはブログ型のトレンドアフィリエイトを教える情報商材として、下克上∞MUGENという商材を発売されており、すでに12000本以上を売り上げベストセラーとなり、多くの稼ぐアフィリエイターの方を育成されています。

僕の知っている方でも半年たらずで月収100万円に達成した主婦の方や、1日2時間だけ仕事をする整体師の方、アフィリエイトだけで月収500万円を稼ぐえのやん!さん達もいらっしゃいます。

最近YouTubeで人気急上昇中のヒカルくんもまた、バナナデスクさんの門下生との事です。アフィリエイトの仕組みを熟知しているからこそ、YouTubeでも人気急上昇になるのでしょうね。

また、ブログ型のトレンドアフィリエイト以外でも、YouTubeのトレンドアフィリエイトも教えられています。Pirate of YouTube(パイレーツオブユーチューブ)YTM(YouTube Trend Marketing)・・こちらもトレンドアフィリエイトの手法をYouTubeに応用したもので、数多くの成功者を輩出されています。

YouTubeだけで月収350万円を稼ぐショーゴさんもまたバナナデスクさんの門下生で、先日、YouTube Maniax(ユーチューブ マニアックス)とうい情報商材を発売され、インフォトップでベストセラーになっています。

DRM(ダイレクトレスポンスマーケティング)とはいったい何か?

merumaga

おそらく、ほとんどの方がご存知ないはず。DRMとはユーザー(お客様)と直接やり取りをすることで、商品(サービス)を販売する手法となっており、スモールビジネスを展開する上では最重要な手法と言えます。

今はさらにそのビジネスモデルから発展をしていき、メルマガやLine@などとユーザーと結びつくことでファン化を促すビジネスモデルとなっています。身近な例でいえば、ファミレスの無料メルマガでしょうか。無料のメルマガ登録をしてもらう代わりに、割引券を配布することで、数ある飲食店との差別化を計っています。

とはいえ、ファミレスの場合ですといかにも企業のメルマガという感じがして、効果は低いです。やり方にもよりますが、これが個人のビジネスや中小企業のビジネスのメルマガの場合、もっと濃く、もっと強くお客様と結びつきができるようになります。

もし、あなたがスモールビジネスをこれから始める、もしくはすでに始めているが成果が出ていないなどの悩みがるのであれば、DRMはあなたの収入の桁をあげることになると保証します。

ちなみに、僕はネットビジネスを勉強して1年目ではありますが、DRMについてかなり勉強をしてきたので、おかげさまでTMCトレンドマーケティングクラブの東京セミナーでDRMのセミナー講師をさせていただきました。

tmc%e3%82%bb%e3%83%9f%e3%83%8a%e3%83%bc%e9%a2%a8%e6%99%af

DRMメールマガジンはもう古い!?

とはいえ、DRM(ダイレクトレスポンスマーケティング)ではメールマガジンを利用するのですが、インターネットビジネスを経験されたことのない方だと、『メルマガなんて古いんじゃない?』こんな感じの言葉を聞いたりします。

Lineやfacebookの台頭により、この感覚は確かに正しかったりするのですが、誤解もしているなとも捉えることができます。それはLineやfacebookがいつまでも続くものとは限らないからです。かつてのmixyのような過疎化してしまうこともありえます。クローズドのSNSではそのビジネスモデルがいつまで続くことができるのか?予想なんて誰にもできないわけです。

そう考えると、独自の顧客リストを持つことができるメールマガジンという媒体は、保険という意味でもビジネスでやるべき媒体ということができます。

また、インターネットビジネスを始めたことがない方ですと、メールマガジンは個人でメールを送るのかな?と思われがちですが、(実際僕はそう思っていました笑)メルマガスタンドというものを利用することで、簡単に一斉送信をすることができます。

👉 お勧めのメルマガスタンド

スモールビジネスでメルマガをするのであれば、独自の決済フォームなどがあるメルマガスタンドがお勧めです。

TMCトレンドマーケティングクラブが一般の塾とは異なる部分

インターネットビジネスではPDFなどの教科書を渡す手法が一般的です。そうはいってもご存知の通り、インターネットビジネスの進歩はものすごく速いです。そのため、教科書を配布した時にはすでに稼げなくなっているコンテンツの場合もあります。ですので、これからインターネットビジネスを学ぼうとされている方はその点を注意してください。

本型の教科書も同じ理由で注意が必要です。WordPressの使い方などのツールのマニュアルであったり、HTML言語の解説とかであれば問題はないですが、稼ぐためのノウハウがPDFや書籍の場合は古いコンテンツの場合があるので注意が必要です。

また、インターネットビジネスの場合の塾というのは、ネットでの配信で終わってしまうもの(すでに収録されている動画)の場合が多いです。もちろん、そういった塾でも稼げるようになりますが、主催者によっては詐欺みたいなものもあるので本当に注意が必要です。

そして、塾やPDF型のコンテンツの場合は、その教育スタイルの特徴から一方通行になりがちですが、TMCトレンドマーケティングクラブの場合は、その名前の通り塾ではなくクラブとなっているので、一般的な塾とは異なっている点が多いです。

TMCトレンドマーケティングクラブはコミュニティ型コンテンツ

TMCトレンドマーケティングクラブが他の塾やコンテンツとは大きく異なるのが、コミュニティ型の教育スタイルだということです。

もちろんブログやYouTube、DRMの基礎部分はしっかりと教えてくれますが、それ以外の部分はクラブ参加者どおしの情報交換であったり、最先端のWEBマーケティングの情報を得ることも可能だということです。

情報の一方通行を推し進める日本の教育スタイルに慣れた方の場合ですと、このTMCトレンドマーケティングクラブのスタイルは最初はビックリしてしまうかもしれませんが、インターネットビジネスという最新の情報が必要なビジネスモデルの場合、参加者全員が張り巡らした情報交換を行うことができるので、より正確な情報を最短で得ることができるようになっています。

また、脳の構造を考えてみても理にかなった教育スタイルということがわかります。

成功するために必要な◯◯収集とは?

日本型の教育スタイル、いわゆる詰め込み型の教育スタイルは、教育の最低ラインを押し上げることはできますが、その得た情報が本当に正しいのかどうかという部分においては、首を傾げざるをえません。数学などの答えのある教育であれば問題はないですが、歴史教育などの答えのない教育、偏向教育が可能な学問の場合、その一方通行型の教育スタイルの限界や危険性はわかるかと思います。

特にビジネスにおいては、全員が同じ方向を向いていては先駆者利益を得ることはできないですし、周りと同じ視線では大きく稼ぐこともできません。スモールビジネスで大きく稼ぐことができるのも、人とは異なる視点でビジネスをするからです。

成功している起業家の人たちもまた、誰もが見向きもしないスモールビジネスから始めています。では、その成功するための情報収集はどこでできるのか?

何が正しく何が間違っているのかがわからないインターネットの世界で、インターネットビジネスで稼ぐことに特化したコミュニティは自然と正しい情報を収集し始めます。これがいわゆる新時代の教育スタイル、集合知を取り入れた教育スタイルと言えます。

TMCトレンドマーケティングクラブのメンバーが月収1000万円や半年足らずで月収100万円を達成できるのも、そうした最新の情報収集をする仕組みが出来上がっているからと言えます。

こちらの記事は作成中です。

1480664807lbeqrtbrrovvr2y1480664805

関連記事

  1. Catch The Web 100万PVオウンドメディア構築塾セミナー…

  2. バナナデスク(岡田崇司)が詐欺とか言われているけれど、とりあえずクルー…

  3. 遠藤貴則博士の脳科学マーケティングセミナーで学べたこと

  4. 小玉歩が稼ぎ続けることができる理由とは?

  5. 新起業育成プロジェクトFanfareについて

  6. 情報商材の作り方を覚えて100億以上稼いだエベン・ペーガンで気を付ける…

  7. Inuversity(イヌバーシティ)いぬ大学の犬のしつけ教材でわかる…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


ビジネスオーナーになるために